スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

カイロより帰国

 2007-09-17
9月13日メンバーが帰国した。

中部国際空港からバスで芸術センターまで到着した皆の顔にはさすがに疲れの色がにじみ出ていた。芸術センター制作室で、京都公演に向けたスケジュールの確認がなされ、衣裳や小道具の整理が行われ、解散となった。

本番後は、各々観光に出たり、他のグループの演目を見たりしながら有意義に過ごしていたらしい。中でも、砂漠ツアーというのは格別だったと聞いた。

演出松田は、批評家とのカンファレンスや、テレビのインタビューなど、本番後もなにかと忙しく過ごしていた。
実際の上演で評価を得ることが出来たため、演劇祭が毎日発行しているニュースレターでも劇評などの記事が連日出ることになり、実り多いものになった。

最後に今回のマレビトの会初の海外公演を実現するにあたり、各方面からの支援を得たことをお伝えすると共に感謝を申し上げたい。まず、今回の参加を実現するためにマレビトの会を演劇祭に推薦してくれた演劇批評家の内野儀氏。年間を通しマレビトの会の活動を支援していただいたセゾン文化財団。カイロ公演を実現させるため助成をいただいた国際交流基金、また通訳の手配をはじめ現地での様々なケアをしていただいた国際交流基金カイロ支局。そして、演劇祭のシンポジウムパネリストとして参加し、多くの批評家・審査員を『クリプトグラフ』の会場へ招いてくれた北野圭介氏。最後に、マレビトの会を招聘してくれた演劇祭事務局、会場となったMIAMI THEATERのスタッフ一同、通訳をしてくれたボランティアのスタッフの方々に感謝を伝えたい。
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://marebitonokai.blog118.fc2.com/tb.php/13-47521dbf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。