スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

クリプトグラフ中国公演 二日目

 2007-12-05
マレビトの会の今年の新作「クリプトグラフ」の中国公演ツアーが始まりました。
昨日12月4日に最初の公演地・北京に無事到着しました。
空港からは劇場のお迎えマイクロバスで、ホテルへ直行。ホテルでは今回のコーディネータであり企画者であるR PRPDUCTIONの菊池領子さんのお出迎え。その後少し休んで、ホテルのすぐ目の前にあるNine Theaerへ。
今回の会場は、9つ大小の劇場が入っている公立のNine Theaterの中にひとつ、Post-SARS Theater。クリプトグラフの上演には手頃な大きさのブラックボックス。客席は常設で80席、桟敷を増やして100席といったキャパ。
早速の下見で、劇場スタッフとあちこち細かい交渉をしながら、劇場の雰囲気に一同満足な様子。
夕食は、同じく劇場の敷地内にある中華レストランで、美味しい中華料理をいただきました。夕食後は、滞在中に必要になりそうな食品や加湿器などの買い物へ、一同、近くのWAL MARTへ。

-------
そして本日二日目は朝9時からの仕込。
劇場の主催公演とはいえ貸し館のようなスタンスで運営をしているということで、スタッフ数が多くないので、俳優も手伝っての仕込が開始。
バトンが昇降しないので、ひとつしかない脚立を照明班と舞台班とでうまく回しながら、美術の制作も順調に進んでいく。。。劇場には楽屋がなかったり、交渉に少し時間がかかたりするものの、概ね良好。
手配していただいた通訳の孫くん、高さん、千里さんのお陰で随分と助かっています。




------
ひとつ、急遽の告知です。
12月7~9日の北京公演中(開演はいずれも19:30)、座談会とアフタートークが行われます。

●松田正隆(劇作演出家)と中国の演出家、?雷さんとの座談会
日時:2007年12月8日(土) 14:30スタート
会場:国際交流基金 北京事務所
   (北京市朝陽区建国門外大街甲6号 凱徳大厦3階301/Tel:010-8567-9511)
   http://www.jpfbj.cn/
入場:無料

今回、顧雷さんは同じNine Theaterの中の別の劇場で松田正隆作「海と日傘」を演出します。
座談会では「海と日傘」から「クリプトグラフ」まで松田の作品解説を踏まえ、中国と日本のここ十年における現代演劇界の変化やその背景をテーマに取り扱います。

●2007年12月7日(金)の終演後、松田正隆によるアフタートークを開催します。
観客からの質疑応答を軸に、作品の内容についてより深く迫ります。
--------


仕込の様子

俳優も手伝いながらの美術製作

映像ブースセッティング中

劇場入口には、「海と日傘」と「クリプトグラフ」の宣伝用の幕が張られています。

劇場幕拡大

タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://marebitonokai.blog118.fc2.com/tb.php/19-cbcd0026
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。