スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

北京公演

 2007-12-13
時間が前後しますが、3日間の北京公演についてです。

●北京公演初日
北京の劇場では、安全性の問題から最後のシーンの変更を余儀なくされ、いろいろな新しいアイデアを出しながら、北京版演出のクリプトグラフの上演となりました。
朝から役者の場当たり稽古で、変更になったラストのシーンの稽古を中心に進め、微調整を行いました。午後はスタッフの手直し、そして本番初日を迎えました。
お客さんの入りは若干少ないながらもまずまずのところ。
この日のお客さんは演劇関係者や演劇を専攻している学生が多かったようです。終演後のアフタートークでの意見も盛んで、みな自分が感じた感想を思い思いに述べ、「松田さんが以前と違う、マレビトの会の作品を作り始めたきっかけは?」「マレビトの会の名前の由来を教えて下さい」などの質問がでました。

●北京公演二日目
劇場の規定で土日曜日は17時からしか劇場に入れない(17時までは劇場スタッフの公休)ということだったので、朝から観光に出る人、ゆっくり休む人と様々に過ごしました。
午後には松田×顧雷 (今回のフェスティバルでは、『クリプトグラフ』の上演に合わせ、松田作の『海と日傘』の演出を行った)による座談会が国際交流基金の北京事務所で行われました。松田さんには「『海と日傘』から『クリプトグラフ』までの作品の変遷について」を、顧雷さんには「日本の戯曲を演出したことで感じた日中文化の違い/類似について」というテーマがあり、それぞれが簡単にスピーチをしました。その後は、基本的には二作品をすでに見ている人対象の座談会だったので、両作品の感想を参加者に述べてもらい、そこから議論を広げていくという進行でした。結果的には、なにかのテーマについての議論が深まる、というよりは作品を見た人の感想を聞きながら、質問が出れば、それに松田さんが答えたり、コメントを加えるという感じで進みました。


●北京公演三日目
そして、北京公演最終日。
この日も朝からはそれぞれが自由にオフを過ごしました。
個人的には、朝から行った東郊市場と、現代アートのギャラリーやスタジオ、美術館が立ち並ぶ「798」という芸術区は必見です。

二日目の集客があまり芳しくなかったのですが、劇場側の努力も実って、三日目は満席となりました。

北京の公立劇場では(少なくとも今回の会場となったNine Theatreでは)、各セクションの最高責任者の意見が絶対で、現場で細かい変更やお願い事があっても、その責任者まで伝達され返事が出るまでに時間がかかるので、なかなか現場ではすぐに返事がでなかったり判断ができなかったり、ひとつひとつの確認に時間が取られるという印象がありました。
それでも現場スタッフとは気持ちよく仕事を進めることができました。


タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://marebitonokai.blog118.fc2.com/tb.php/22-7f0dd4e0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。