スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

フェスティバル/トーキョー記者発表

 2008-11-26
次回作「声紋都市ー父への手紙/Voiceprints City ー Letter to FATHER」の記者発表会が11月25日(火)に東京芸術劇場にて開催されました。

東京都やNPO法人アートネットワークジャパンらが共同して主催する「フェスティバル/トーキョー(F/T)」の共同製作作品として製作中の本作は、蜷川幸雄氏や山海塾など多彩な顔ぶれが集まる記念すべきフェスティバル第一回目への参加作品となります。そのF/Tの記者発表会にマレビトの会・演出の松田正隆が参加しました。

会場の熱気とともに、会見に参加された第一線で活躍する演出家の皆さん(蜷川幸雄さん、イ・ユンテクさん、宮城聰さん、飴屋法水さん、井手茂太さん、高山明さん、松井周さん、松田正隆)のコメントはどれも印象的でした。またフェスティバル・ディレクターの相馬千秋さんが話された「フェスティバル」と「トーキョー」の間にある「/(スラッシュ)」に込められたコンセプト。「フェスティバル・オブ・トーキョー」、「フェスティバル・イン・トーキョー」、「フェスティバルVSトーキョー」、「フェスティバル・ビヨンド・トーキョー」・・・など、あらゆる意味を込めながら日本において舞台芸術を発信するフェスティバルとはなにかを問い直す、意義深いフェスティバルに期待大です。(制作・森)
http://festival-tokyo.jp/program/


会見の様子↓

会見2

会見1


タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://marebitonokai.blog118.fc2.com/tb.php/46-ba753f42
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。