スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

松田正隆 シンポジウム出演のお知らせ

 2012-03-11
3月13日(火)に北九州市にある「枝光本町商店街アイアンシアター」で、松田正隆がシンポジウムに参加します!

ーーーーーーーーー
◎シンポジウム第一部
「まちから創る、まちと創る。」

日時:2012年3月13日(火)19時~21時 ※USTREAMでの中継を予定
場所:枝光本町商店街アイアンシアター
入場料:500円

出演者:
岸井 大輔 (PLAYWORKS)
市原 幹也 (のこされ劇場)
松田 正隆 (マレビトの会) 他、スペシャルゲストを予定


◎シンポジウム第二部
「演劇は可能か」

日時:2012年3月13日(火)22時~24時 ※USTREAM中継のみの予定

出演者:
岸井 大輔 (PLAYWORKS)
市原 幹也 (のこされ劇場)
松田 正隆 (マレビトの会)


◎お問合せ・お申込み
北九州お手軽劇場アイアンシアター運営実行委員会
irontheater@otegarugekijou.org
080-3905-0256

ーーーーーーーーーー

タグ :

「マレビト式 反解釈な夜 ~やってみんばわからん~」 のお知らせ(最新!)

 2012-02-25
「マレビト式 反解釈な夜 ~やってみんばわからん~」

関西で30年に渡り舞台芸術のあり方を模索し作品を作り続けている松田正隆(マレビトの会 代表)が、今年4月より活動の拠点を東京に移します。その新たな門出を祝うべく関西在住のパフォーマー、ダンサー、その他が集い何かやらかす送別パーティーイベント!
ここでしか見れないソロパフォーマンス、歴代マレビトの会 出演者たちが繰り広げる特別再演?!「マレビト・メドレー」、重要トーク「松田と喋ろうシリーズ」は必見!なんと当日は飛び入りパフォーマンスも受け付けます。(詳細は→http://www.marebito.org/ をチェック!)
みんな揃ってマーレービト!マーレービト!
松田正隆と仲間たちの、これまでとこれからが混じり合う愉快な夜。
たくさんの方のご来場をお待ちしています!!!


◎日時
2012年2月25日(sat.)
open 17:00
close 23:00

◎場所
アバンギルド(京都・木屋町)


◎出演

[ソロ・パフォーマンス]
岩下徹 / 砂連尾理(special guest:加藤至、吉田優、大歳芽里) / F.ジャパン / 宮階真紀

[マレビト・メドレー]
枡谷雄一郎 / ごまのはえ / 武田暁 / F.ジャパン / 山口春美 / 筒井潤 / 駒田大輔 / 筒井加寿子 / サリngROCK / 金乃梨子 / 山口恵子 / 島崇 / 児玉絵梨奈 / 生実慧 / 宮階真紀 他

[トーク]
土田英生 on skype / 小堀純 / 八角聡仁 / 森山直人 / 松田正隆

[おちゃらけラジオ的DJ]
アラキパラミツ、栗原ペダル

[司会]
ますやゆういちろう(子持ち)、他


◎料金
1,500円(with 1drink +簡単な食事もあり)


◎スケジュール(予定)

17:00- OPEN DJタイム
18:00-18:20 F.ジャパンさん ソロ・パフォーマンス
18:20-19:00 マレビト・メドレー
19:00-19:30 DJタイム
19:30-20:00 岩下徹さん(ダンサー)ソロ・パフォーマンス
20:00-20:30 DJタイム
20:30-21:30 トーク1 <小堀純さん(編集者)×松田正隆>
        →特別ゲスト:土田英生さん(劇作家・演出家)on skype
21:30-22:00 砂連尾理さん(ダンサー)ソロ・パフォーマンス
        →特別ゲストダンサー:加藤至さん(Hyslom)、吉田優さん(Hyslom)、大歳芽里さん
22:00-22:40 トーク2 <八角聡仁さん(批評家)×森山直人さん(批評家)×松田正隆>
22:40-22:50 宮階真紀さん(パフォーマー)ソロ・パフォーマンス
22:50-23:00 松田さんタイム

タグ :

マレビトの会/東京スタッフ募集のお知らせ

 2012-02-15
これまで京都を拠点に、演劇の可能性を追求する活動を行ってきたシアターカンパニー「マレビトの会」(代表:松田正隆/2003年設立)は、2012年4月より活動拠点を東京に移すことになりました。
つきましては、今後数年間にわたりマレビトの会の演劇公演や事業に関わっていただけるスタッフを募集します。主に、制作・演出助手等にかかる作業が中心になります。
マレビトの会の活動方針にご賛同いただき、粘り強く意欲的に、演劇表現や創作の現場に取り組んでいただける方をお待ちしています。

※マレビトの会のプロフィールや活動内容はHPをご参照ください。
※マレビトの会の活動方針については、末尾をご参照ください。


◎職務内容
・マレビトの会の演劇公演(2012年度は秋に東京で新作を上演予定。2013年度以降は未定)の創作スタッフ(主に制作・演出助手等に類する業務)。
・マレビトの会および松田正隆のマネジメント(アシスタント)業務。

※舞台やアートの分野での制作実務経験のある方、マレビトの会および松田正隆の活動に関心のある方、英語でのコミュニケーションが出来る方歓迎

◎期間
2012年4月~2013年3月(事業内容によっては継続あり)
・平均週1~2回のミーティングや事務作業、2012年9月~11月は創作内容に応じて週4~6日の作業を予定しています。

◎待遇
報酬あり。実働日数、キャリアを考慮し、相談の上決定します。

◎勤務地
東京都(23区内)の事務所・稽古場、および、自宅での事務作業もあり。

◎募集人数
若干数

◎選考方法
書類選考の上、面談を行い(3月26~30日の間を予定)、決定します。

◎応募方法
以下の項目(1)~(11)をご記入の上、メールでご応募ください。

応募先メールアドレス:info(a)marebito.org(※(a)を@に置き換えてください)まで送信してください。

(1)氏名(よみがな)
(2)生年月日
 (3)住所 
(4)最寄り駅 
(5)メールアドレス(携帯不可)
(6)日中連絡のとれる電話番号
(7) プロフィール(学歴、職歴など)
(8)外国語能力
(9)使用可能ソフト(ワード、エクセル、イラストレーター、その他)
(10)特技・趣味
 (11)志望動機および自己PR(600字~800字程度)


※件名は「マレビト・スタッフ応募」としてください。
※お送りいただく情報は本件の選考およびそれに関するご連絡にのみ利用いたします。


◎送信先 E-MAIL:info(a)marebito.org ※(a)を@に置き換えてください
メールをお送りいただいた後、受け取り確認の返信をします。

◎選考スケジュール
募集〆切:2012年3月20日(火)
書類選考の上、面談について個別にご連絡させていただきます。面談は3月26~30日のいずれかを予定
→4月1日頃決定。

◎お問合せ
マレビトの会(担当:森)
E-MAIL:info(a)marebito.org
※ご質問・お問合せはメールでお願いします。(a)を@に置き換えてください。


<マレビトの会 活動方針>
・無償で無尽蔵な実験精神/場所性・土地性/多様性を受け入れること。
・あらゆる既存の価値観にとらわれず、作品を創作すること。
・創作者や鑑賞者の立ち位置をゆるがすような絶対的なものへ捧げる作品を創作すること。
・国家や共同体などの中心性を持つ社会に搾取されることのない周縁性をもつこと。
・誰もが参加可能なゆるやかでささやかな祝祭空間をその場に出現させること。


タグ :

マレビト・ライブ2月1日 会場地図

 2012-02-01
本日開催の「マレビト・ライブ」<東京編>の会場までの地図/アクセスを更新しました!
ぜひご確認のうえ、ご来場ください。


◎「京成曳舟/東武曳舟」駅からのアクセス↓
  上演場所までの駅からの所要時間は約10~15分です。
アクセス


◎「マレビト・ライブ」上演場所の案内↓
4カ所マップ
タグ :

マレビト・ライブ 東京編 2月1日のお知らせ

 2012-01-30
2011年度、マレビトの会が劇場外での場所での上演を重ねてきた「マレビト・ライブ N市民~緑下家の物語」の東京バージョンを、以下のとおり開催します。
昨年5月にスタートした京都での上演に続き、東京都墨田区を舞台にした街中での上演となります。

詳細は本ブログ、HP、ツイッター(@mare_live、@marebito_org)にて更新していきますので、お見逃しなく!

1月28,29日の上演を無事に終了し、物語は三日目の2月1日へと続きます。


****************************

「マレビト・ライブ <東京編>
 N市民~稲光は東京スカイツリーに兄のファルスを見た」


◎2012年2月1日(水)の詳細◎

<上演④>
 時間:16時00分~20時00分頃
 場所:墨田区京島一帯(最寄り駅は、京成「曳舟」/東武「曳舟」駅になります)
    ①稲光の仮の宿(墨田区京島3-20-9
    ②愛の巣(墨田区京島3-60-5
    ③キューピッドガールズの稽古場(キラキラ橘商店街内/お休み処 橘館)
    ④マンモス公園(墨田区京島2-20-17
    
    ※4カ所で上演される物語を自由に回ってご覧いただきます。
    ※各場所での上演時間はそれぞれ10分~20分間程度です。

 上演会場マップ↓
mare live map

 上演スケジュール↓
ライブ上演スケジュール2.1


☆いずれも予約不要/無料



****************************


「マレビト・ライブ <東京編>
 N市民~稲光は東京スカイツリーに兄のファルスを見た」上演④

◎あらすじ◎

マレビト・ライブ 東京編 ガイドテキスト

 緑下稲光は東京にやって来た。亀戸の駅で、野々宮のりりと再会し、東向島のカフェで野々宮から、劇団にかつて所属していた百竹智代が京島で陽のファンと称する男と一緒に住んでおり、死体の情報も知っていると告げる。

 野々宮との会話の途中、稲光は、カフェの窓の外の公園のベンチに陽の幽霊を見る。結局その日は、百竹とファンには会えず、翌日、東京スカイツリーの真下で再度待ち合わせたのだが、そこでも稲光は頭部のみがウルトラマンになった陽の幽霊に遭遇してしまう。

 つきまとう幽霊によって、稲光は、兄の東京での死を確信するのだった。ただ、その死体のみが見つからないのである。兄の死の辻褄をあわせたい一心で、稲光は死体のありかを求め、ファンと称する男に詰め寄るが、ファンは、まるでカネヅルか退屈しのぎの相手にしか稲光のことを考えていなかったのである。

 夜、稲光は、京島の商店街の空き地で死体を探し続ける。だが、そこは、なんとかファンに頼んで描いてもらったデタラメな地図の場所にすぎなかった。向こうの夜空には、B級映画の未来都市のようにスカイツリーが見えた。

****************************


これまでの「マレビト・ライブ N市民~緑下家の物語」の戯曲テキストは、マレビトの会HPの「マレビト・ライブ」vol.1~3、および、番外編の「上演テキスト」からダウンロードをしてご覧いただけます。

http://www.marebito.org/#marebitolive

<東京編>ではこれまでの上演テキストの続編を上演いたします。


主催:マレビトの会
助成:公益財団法人セゾン文化財団

※本上演は、一般社団法人PLAYWORKSによる『世界の演出』の協力を得て行います。
また、2月4日に開催される『世界の演出 STUDY MEETING』第1回にて、事例として紹介されます。
タグ :
≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。